メニュー

本文へスキップ

工事の内容工事の内容

大河津分水路改修事業の概要

大河津分水路の課題

大河津分水路は信濃川の洪水から越後平野を守るため、大正11年(1922年)に通水した延長約9kmの人工の放水路です。
しかし、河口部は洪水を安全に流下させるための断面が不足し、平成23年7月洪水では、分水路直上流で計画高水位を超過したことや、
施設の老朽化が顕著となっています。

改修事業の内容

課題を踏まえ、信濃川水系全体の洪水処理能力の向上を目的として、当該水系最下流に位置する大河津分水路に対し、
河川の拡幅を主とした抜本的な改修を実施します。

野積橋の架替工事

河川の拡幅により、野積橋の橋の長さが足りなくなるため、新しい野積橋をつくります。



工事概要

大河津分水路改修事業による野積橋の架け替えに伴い、
新野積橋の橋脚2基をニューマチックケーソン工法にて築造する工事です。


工事名
新野積橋橋脚その1工事
路線名
一級河川信濃川水系大河津分水路
工事場所
新潟県長岡市寺泊野積地先
工 期
自) 2018年10月2日 〜 至) 2021年3月23日
発注者
国土交通省北陸地方整備局 信濃川河川事務所
施工者
株式会社 安藤・間 北陸支店
所在地:新潟県新潟市中央区東万代町1-22  TEL:025-243-5577
現場事務所
所在地 新潟県長岡市寺泊野積107-38  TEL:0258-89-6849

工事数量

仮設工
仮桟橋、作業構台 1式
橋脚躯体工
V=791m3
ニューマックケーソン基礎
P3橋脚 縦12.0m×横16.5m×深さ10.2m、P4橋脚 縦13.0m×縦13.0m×深さ15.1m

工事の場所



橋脚の形状

P3橋脚

P4橋脚



新野積橋完成イメージ

発注者情報

北陸地方整備局 信濃川河川事務所

〒940-0098
新潟県長岡市信濃1丁目5番30号
TEL:0258-32-3020
URL:http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/


施工者情報

本社

〒107-8658
東京都港区赤坂六丁目1番20号
TEL:03-6234-3600


下記をクリックし、
安藤・間を詳しく見てみよう!

現場事務所

〒940-2501
新潟県長岡市寺泊野積107-38
TEL:0258-89-6849


建設キャリアアップシステムに登録しています。

スマートフォン版



スマートフォン版サイトはこちらから